自由診療医院開設支援のKSメディカルサポート

患者様・医療機関の双方にメリットのある自由診療導入の考え方

経営コラム

患者様・医療機関の双方にメリットのある自由診療導入の考え方

保険診療だけでなく、自由診療を導入して経営している病院やクリニックが増えています。しかし、まだ一歩踏み切れない医療機関や、患者様からどのように思われるか不安に感じているお医者様のために、自由診療の基本にふれながら、患者様の考えや患者様のおかれている背景を紹介したいと思います。

 

 

■患者様の視点で見る・・・金額面における考え

ご存知のとおり、保険診療は健康保険が適用となる治療ですが、基本的に自己負担が3割のみとなっており、患者様も会計窓口では不安なく支払うことができます。 しかしながら、自由診療の場合はすべての治療費を自己負担で支払わなければならず、この全額負担をしなければならない事が、専門的な知識のない患者様にとっては、3割負担しかしない医療行為と比べ非常に高額に感じてしまいます。

 

金額面のみ見ると、保険診療と比べて非常に高額である自由診療も、実はそれ以上の長期的な患者利益を考えると、決して高すぎる金額ではありません。 わかりやすく歯科を例にとりますと、「銀歯か」「セラミックか」がよくわかる違いですが、銀歯でも虫歯を治療できます。しかしながら、金属アレルギー発症や自分の歯との噛み合わせにより歯を砕いてしまうというリスクがあるのも確かです。 また、見た目もずいぶん違うため、笑顔に自信がもてるなど心理面でも健康的になります。

 

実はこのように、現在の治療とは関係のない部分での利害を患者様が知らない場合、保険診療に比べると、自由診療は非常に高額な治療と思われてしまうのです。 まずは、自由診療で得られる金額以上のメリットを患者様に知ってもらうところから始めることをおすすめします。

 

■患者様の視点で見る・・・保険治療では対応できない悩み

現代病とも言われる、首・肩コリ、自律神経失調症など、通院するほどでもないが日常生活に支障をきたす体の悩みはよく取り沙汰されています。 また、女性の社会進出による年齢にとらわれない働き方や、男性の清潔感・若々しさの持続などが、仕事をする上でも重要視されるようになってきました。 これは日々の仕事の上で重要に感じる場面が増える反面、自分の努力だけではどうしようもないことが大半です。

 

しかし、今までの保険診療適用範囲内の治療ではとうてい賄うことができないため、不便さや不満さをかかえたまま、忙しい毎日を送る人が数多くいます。 医療を超えた内容も多いですが、専門的知識をもって患者様の体調管理や現状の課題を解決するための提案を行うことは、今の時代に医師としてできる大きな役割のひとつであると考えられます。 また、それによって患者様が解決策をもたない悩みだと思っていたことの突破口となったり、長年かかえていた不調の解決となる場合には、金額に関係なく喜ばれることは確かだと思われます。

 

 

■医療機関から見る・・・自由診療を導入することで得られるメリット

自由診療を行うことで、病院やクリニックには、3つのメリットがあります。

 

(1)様々な治療方法を提案でき顧客満足度向上につながる
自由診療を行うことで、保険適用されていない検査や治療を行うことが可能です。保険を適用する場合、特定の症状がなければ検査できない、対応できる病気が決まっているなど制限があります。治療のための薬が決められていたり、検査の方法が指定されているなど、患者様側が自由に選択できるケースが少ないです。しかし、自由診療を取り入れると、患者様側が検査方法や治療方法などを自由に選ぶことが可能になります。例えば、症状がない場合でも検査ができる、見ための悩みを解決できる、病気を未然に防ぐことができる、など自由診療を受けることで、より満足度の高い治療を受けることができるのです。自由診療を取り入れることは、患者様満足度の向上にもつながります。

 

(2)収益向上につながる
自由診療を行うことで、病院やクリニックの収益改善、収益向上につながります。自由診療は、健康保険を適用しないため、すべて患者側が検査費用や治療費用を負担します。検査や治療でかかる費用は、病院やクリニック側で自由に設定できるため、集客することができれば収益向上につながるのです。しかし、自由診療を取り入れている病院やクリニックは増えているため、他との差別化を図ることが重要となってきます。また、どれくらいの需要があるものなのか把握したうえで、導入しなければ導入しても全く利用する人がおらず、かえって負担になるということもあるため注意しましょう。

 

(2)保険計算の手続きが軽減できる
保険診療を行う場合、診療費の一部は患者側が支払いますが、残りの負担額は保険者に支払ってもらうことになります。病院やクリニックでは、保険者に対しても請求を行わなければならないため、この事務手続きに手間がかかってしまうのです。保険診療を行わず、自由診療のみで経営している病院やクリニックの場合は、この作業を行う必要がないため、保険計算の手続がなくなりスムーズな処理ができます。レセプト業務ができるスタッフを雇用する必要もなくなります。

 

■まとめ

病院やクリニックで自由診療を導入するメリットについてお伝えしました。自由診療を導入することは、患者様側と医療機関のどちらにもメリットがあります。まずはどのような自由診療を導入することで患者様の満足度を高めることができるのかを考えねばなりません。懸念事項は当社へご相談いただき、最適な自由診療の導入を検討しましょう。

存続できる医院にするために

ご自分のクリニックで思いどおりの医療を提供できるようになるのはこの上なく幸せなことだと思います。 独立してからのクリニック運営には細かいところで面倒やリスクがつきものですが、 正しいやり方で運営する限り何も心配することはございません。