自由診療医院開設支援のKSメディカルサポート

開業医は何歳で独立しているのか

経営コラム

開業医は何歳で独立しているのか

「開業医になるか、それとも勤務医のままで過ごすか」は、医師にとって非常に大きな意味を持つ問いであり、分岐点でもあります。 これの明確な答えはありませんが、先人の歩んできた歩みやその統計を見ることで、判断の助けにすることはできます。

 

ここでは、「医師が独立した年齢」に焦点を当てて、これを解説していきます。

 

 

■ 開業時の平均年齢は41.3歳、運営年数が長ければ長いほど開業時の年齢は低い

 

社団法人日本医師会がまとめたデータによれば、「開業したときの医師の平均年齢は、41.3歳である」ということです。

 

また同統計では「運営期間と、開業時の年齢」についても調査しています。 このデータでは、運営期間が長ければ長いほど、開業時の年齢が低かったことが示されています。

 

30年を超えて病院を運営している医師の場合、開業時の年齢は37.5歳でした。 対して20~30年の場合は39.4歳、10年~20年の場合は41.7歳と40歳の大台に上り、 5~10年では43.5歳、そして5年以内の場合は44.9歳となっています。

 

出典:社団法人日本医師会「開業動機と開業医(開設者)の実情に関するアンケート調査」

 

■ ある程度キャリアを積んだ後に開業に踏み込んでいるケースが多くなっている

 

「30年以上にわたって運営し続けている人の開業のときの年齢」が最も若く、開業が浅くなるほど年齢が高くなっていることから、勤務医として経験を積んでいる期間が長くなっているという傾向が見受けられます。

 

少子高齢化という時代の流れ、医療施設の増加という市場の変化、開業資金の調達に関わる問題など、開業に慎重にならざるを得ないという背景も理解できます。

 

開業医の場合、いわゆる「定年」はありません。本人の気力と判断力、体力が続く限り患者さまを診ることができるので、極論から言えば90歳でも100歳でも現役を続けられます。しかし国立病院の定年が65歳になっているように、65〜70歳くらいをめどに世代交代やセカンドライフの検討に入ることが多いです。

 

今の水準よりも開業時期が遅くなってしまうと、開業医としての期間が短くなりすぎてしまい、医療機関としての経営基盤を築けきれない懸念もあったり、後継者の育成や事業承継にも影響がでてきます。 また医師としての力量がピークアウトしてしまう点からも、これ以上の高年齢化は進みにくいのではと考えます。

 

ご存じの通り、医師免許の最低取得年齢は24歳です。そしてそれから2年間にわたって、研修医としての研修を積まなければなりません。この研修を受ければ、理屈上は、開業医としての生活を選ぶことができるようになります。しかし開業医のご子息やよほどの資産家でもない限り、26歳ですぐに開業をすることは現実的ではありません。

 

多くの場合、病院で実際に患者様と接しながら経験を積み、他の先生方にも啓発されながら成長していく準備期間が必要です。 10年〜15年の経験が望ましいと考えると、「開業時の平均年齢41.3歳」「多くの開業医は、40歳を過ぎてから開業している」というデータは、それを裏付けるものだといえるでしょう。

 

なお、開業の動機でもっとも多いのは、「自分の理想とする医療を追求したかったから」というものです。「理想」を現実に描き出せるようにするためには、まずは「理想の確立」が必要です。そしてそのうえで、どのようにすれば自分の理想が叶えられるかを考えていかなければなりません。開業の高齢化が進んでいる理由の一つは、このような価値観も背景にあるのではと感じます。

 

これらデータはあくまで統計のため、考える目安としてご参考ください。何歳が適正であるという結論ではなく、開業への不安材料の裏返しが、高年齢化という統計データとして表れてきています。しかし、その不安を払拭できるのであれば、他の人よりも先んじてスタートを切ることが可能となり、大きなアドバンテージとなりえます。

 

既にどうするか悩まれているということであれば、今どのような行動を起こすかが重要です。弊社のコンサルティングサービスをご活用いただくのもその選択肢の一つになります。たとえば、経営の実務や集客に関する不安を解消していただくことができますし、開業資金の問題であってもサポートが可能です。

 

その他、弊社は様々な角度から、独立開業を支援させていただいておりますので、たとえ情報収集であっても、お問合せいただけますと幸いでございます。

存続できる医院にするために

ご自分のクリニックで思いどおりの医療を提供できるようになるのはこの上なく幸せなことだと思います。 独立してからのクリニック運営には細かいところで面倒やリスクがつきものですが、 正しいやり方で運営する限り何も心配することはございません。